スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
子ドモのキモチ×大人の思イ。
強い思いがこみ上げたので、
久々に日記を書いてみる。

まだ1年の3分の1しか経ってないのに、
2011年もなかなか激動。なんて僕らしい。


リアルタイムでは昨日、小さい頃からkiimanと
太ってもないのに「豚のおっちゃん」と呼んでた、
82歳になるユーキのお爺ちゃんが脳出血で倒れた。

緊急手術後、ICUに入らせてもらい、
昨晩久々にお顔を見た。

いつ目を覚ましてくれるか分からないけど、
顔色は想像してたより血色が良かった。

やから、元気になってくれるのを信じてる。


学校から家に帰って、
倒れてる豚のおっちゃんを発見したのはユーキ。

ユーキママは仕事中で電話に出れなかったため、
うちのママに連絡して、救急車を呼んだそうな。

足が竦む位恐かったろうに、ほんまエライぞ。ユーキ。


しかしながら、今朝は
「学校に行きたくない」とダダをこねて、
こんな風にユーキママを困らせたとか。

「お母さんは、俺の恐かったキモチや
 辛いキモチを分かってくれない」

知り合いに連絡して救急車を呼ぶって、
落ち着いた風に見えた行動の裏には、
やっぱしビクつく感情があったのな。


中学生になったばかりで、
まだまだ緊張や不安もあるやろうから。

そんな時期にこういう大変なコトが起こると
自分の中では抱えきれなくなって、
子ども返りしちゃうんやろう。

心も体もクタクタのユーキママを支えるためにも、
僕らユーキを囲む周りの大人は、
ユーキにどんな風に話をして、諭すか、
これから慎重に考えなアカン。


子どもとして、ユーキの主張は間違ってないけど、
こういう時期やからこそ、
ユーキには少し大人になってもらいたいトコロ。

学校から帰って洋服に着替えることさえ、
「お母さんが居ないと何にも出来ない」。

お爺ちゃんの手術が終わった直後、
「帰ったら、しんどいキモチ忘れたいからゲームしていい?」。

まだまだ子どもやなぁと感じる発言が多い分、
キチンと理解して納得できるよう話さな。


とりあえずユーキには、僕が仕事先で作った、
写真左の「幸せにぎり猫」を渡そうと思う。

IMG_2174.jpg

カメラマンのTサンが作った右の猫と比べると、
センスが疑われる出来。

猫というよりからは獅子狛犬風で、
ただのおっさんにも見える。つか人面魚。


幸せを握るって本来この猫が持つ意味と、
ちょっとでも笑ってもらえたらなぁって思いと。

んでもて、不器用でも何とか形になるんやでって、
何事もハナから諦めたり、投げやりにならず、
自分の力でガンバッテ欲しいなって思いと。

色んな思いが伝えられれば。
スポンサーサイト
2011-04-13 09:08 | 女地獄。 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://socko.blog64.fc2.com/tb.php/777-b6cb8a9e
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。