スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
エゴ任せも有りなハナシで。
たまに、ものすごくヌコを外へ出してやりたい時がある。



でも、長毛やからすぐに葉っぱや砂がついて汚れるし、
急に駆け出して道路に飛び出した日にゃ…ってな恐れもあるし。

近所に住む、表と家を自由に出入りしとるヌコ家族を見ると、
「嗚呼、君らは何の縛りも無く、自由やなぁ」と微笑ましく思うが、
半端なく新顔(赤さん)の量が増えとる気がするし、、、

我が家の3ヌコは去勢を済ませとるから、
よそでハラマセテくる心配は無いんやけどね。


てか、そもそもうちのヌコ共は、外へ出たいんやろうか。

お店にお金を払って連れてきて、
可愛がる分だけ、癒しを与えてもらえるゆえに、
家ん中に閉じ込めてしまってるからという、
妙な自己嫌悪から生じた勘違いなんかもしれん。

結局のところ、ヌコに限らず、生き物を飼うって、
全ては人間のわがままなエゴなんよな。

少しでも長生きして欲しいからと、
去勢や避妊をするか否か、毎年ワクチンを打つか否か、
そんなのも全部、飼う側のエゴ。

近ごろ、そう思うから、
「○○はヌコの為に」という口癖は、
何だか恥ずかしくて、
あんまり言わなくなった。


どんな飼い主さんに貰われるか、
タイミング良くどんな子と出会うか。

コレは運命・奇跡・必然、
全部ひっくるめた「縁」なんと違うんかな。

いや、結局は、新しい子を家族として受け入れたり、
出会った子をうちの子にしたい!と思う衝動も、
わがままなエゴから生じとるん。

自分自身を客観的に見たら、きっとそうやわ。


家族にしたらば、
その子の生涯は飼い主のエゴ任せ。

ヒトの子と同じように服を着せて可愛がるも、
ヒトの子と同じようにヒトのごはんを与えるも、
エゴ任せなんやから誰にも文句は言えん。

ただ、体が小さくても、人間より寿命が短くても、
命の重みに変わりは無いから、
家族に迎え入れたら腹をくくらんとイカン。

いつかやって来る最後のその時まで、
しっかり世話して面倒を見てあげんと。

要は責任。命に値するくらい、いや、
もしかしたらそれ以上の重みのある責任を、
そこから生まれた使命を果たさなアカンのな。


先日、友達ん家の大事な大事な家族が、
天国へと旅立った。

その子はニンゲンでいうと、
多分100歳近い歳やったから、
ほんま大往生やった。

最後のお顔を写真で見せてもろたんやが、
まるで、まだ生きてるみたいな、
すごく穏やかな表情をしてて。

その子がどれだけ友達ん家族に、
大切に、大切にされてきたか、
写真からもヒシと伝わった。


友達は「イヌの介護もなかなか大変」と
ずっとお疲れやったけど。

そんな生活が終わったら終わったで、
「やるコト、無くなってもたよ」と
とても寂しそうで。

電話を切った後、6年前に亡くした
モクちゃんとの思い出がフラッシュバックしたり、
痛いくらいに友達の辛いキモチが分かったりで、
大泣きしてもた。


僕ん家は、実家におろちもおるから、
悲しい別れが4度も先に待ってる。

想像したら、恐くて仕方ないけど、
それも覚悟の上で家族にしたんやから、
ビビってたら矛盾が生じる。

モクちゃんや友達ん家の子みたく、
最後は穏やかな優しい顔で旅立ってもらえるよう、
なるべく不自由の無い日々を与えてあげたい。

コレもエゴかもしれんけど、
改めて、そう思う。
スポンサーサイト
2010-01-19 00:49 | ヌコ地獄。 | Comment(4) | Trackback(0)
Comment
>>774さん

続けざまに悲報が届いて、
何とも言えんキモチではあるけど。

きっと、みんな、
先に天国へ行ったモクも一緒になって、
僕らのコトをあーだこーだ言うてると思う。

姿・形は違っても、いつかまた会えるよ。

というか、彼ら彼女らの生きた証は、
記憶にしっかり残ってるから、
目瞑るだけで、いつでも会えんのな。

今は悲しさや寂しさや辛さが先行しても、
次第に強くなれるよ。大丈夫。

って、あの子は、
こんなにアンタに愛されて、
ほんま幸せもんやなぁ。
sock→o 2010/01/23(土) 04:10:10) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/01/19(火) 23:53:29) 編集

>>wa

口にする覚悟は、単に自分への言い聞かせや、誓いの言葉やから。
その子と日々を共にして、お世話して・されて、
自然に覚悟ってのは身についていくんやと思う。
うちもそやし、waんとこの子たちもまだまだ若いねんから、
元気な時間をめいっぱい過ごしてもらいましょーヽ(´ー`)ノ
sock→o 2010/01/19(火) 23:08:35) 編集

小梅がまだ手のひらサイズの時から、最後の別れ思うと切なくて・・
未だに覚悟ができているか・・どうか・・・
wa 2010/01/19(火) 13:09:06) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://socko.blog64.fc2.com/tb.php/716-7795d56b
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。