スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
「浮気」の定義。
うわき うは― 0 【《浮気》】
(名・形動)スル[文]ナリ

(1)一つのことに集中できなくて、興味の対象が次々に変わる・こと(さま)。
「―な性分で長続きしない」
(2)異性から異性へと心を移す・こと(さま)。多情。
「―な男」
(3)妻や夫など定まった人がいながら他の異性と情を通ずること。
「―していたのが見つかってしまう」
(4)陽気で華やかな・こと(さま)。
「女郎は―らしく見えて心のかしこきが上物/浮世草子・一代男 6」


goo辞書で調べた「浮気」の意。

10代~20代前半にかけては、
女友達と「浮気」の定義をよく話したもん。

1・2・3・ダーッッッ!な猪木の日に籍を入れるにあたり、
何となく「浮気」の定義を、自分自身とゴリラに今一度確認したく、
この2~3日仕事の合間に「浮気」とは何ぞやと考えてました。


goo辞書の意からすると、
(2)の最後にある“多情”ってのが
僕にものすご当てはまるもんで、
どーやら僕ぁ「浮気」もん確定のよう。

が、その“多情”対象らとは情を通じてはおらんので、
(3)の定義上ではセーフ。

ちなむに僕の“多情”対象は、エガちゃんやキックさん、
ミック・フォーリー、エウレカセブンのドミニクなどであります。


では、自分の「浮気」の定義とは。

色々一人で考えて一番しっくりきた答えは、
「人・物・事象問わず、僕以上に性や魅力を感じられ、
 あらゆる面において僕が2番手になってしまった瞬間」。

僕への気持ちは今までと変わりなく離れずとも、
はたまた「浮気」対象と物質的な接触は無くとも、
僕が負ける部分が一つでも生まれた時点でジ・エンド。

やはりココにも、勝ち負けの精神が関係してしまうんよに。


その自分の定義からいくと、
僕はもうずっとゴリラに出会う前から、
「浮気」しまくっとるワケですよ。

「自分がされてイヤなコトは相手にもすんな」
なんて偉そうなコトを日々ヌカしておった自分よ、
この馬鹿たれめが。

まー、でも、僕の「浮気」は「不倫」にはならんから、
自分に甘く他人に厳しい精神で、ヨシとしときましょう。


ゴリラの「浮気」の定義は、今んトコ謎。

だって問うても、
「浮気はせん(#゚Д゚)」の一点張りなんやもん。

別に「する・せん」を聞いとるワケやないのに(´・ω・`)...

つーか真面目なチミに関しては、
「浮気」より「本気」の方が恐いがゆえ、
「浮気」してくれた方が幾分マシす。


余談ですが
現時点で“多情”対象のトップを走るのは
バカリズム。

「トツギーノ」シリーズん中ではコレが一番好き。

というか、バカのネタが、
声が、顔が、体型が、笑顔が、演技が、
TVを通して見る全てが、
ずきゅーんと猛烈に好きなんやてば(*´Д`)

近頃は、
寝てもさめてもバカ・バカ・バカと
バカ狂い。

バカ脳のままトツギーノします。
スポンサーサイト
2008-01-12 10:46 | 女地獄。 | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
>>七誌ヂゴク

バカ談義、いかがでしたか?(´∀`*)ウフフ
さてさて。大きな波が引き起こされとるワケを
聞きたかったワケですが、アレがアレでアレなもんらしーんで、
また後日改めてお電話させて頂きますです。
またのん ノシ
sock→o 2008/01/14(月) 21:32:49) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2008/01/13(日) 11:07:29) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://socko.blog64.fc2.com/tb.php/421-3165e9eb
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。